プロミスは無職でも借りれる?!

プロミスの融資条件は「安定した収入のある方」なので、無職の方は契約するができません。これはどのカードローン・キャッシング会社も同様です。安定した収入のあればアルバイトでも契約できますので、まずは職探しをお勧めします。

オススメのキャッシャング・カードローン

プロミスの限度額増額の審査に通過するためには

即日審査キャッシングの大手の消費者金融の一つであるプロミスを利用してお金を借りている人も少なくありませんが、カードローンを利用してお金を借りる場合には基本的に限度額を決めることになります。しかしいろいろな事情によって限度額を増額する必要が出てきますが、このような場合は限度額の増額の申し込みを行うことになります。

そこでプロミスの限度額増額の審査に通過するためにはどのようにすればいいのかというと自分の収入を上げるかある程度利用し続けて信用を得ることができれば審査を通過することができる可能性が高くなります。

プロミスの限度額の増額をする目的の決め方

プロミスでお金を借りる方法は定められた限度額の範囲以内で利用するため、多くのお金が必要な時は増額申請を行い審査を受けて通る必要があります。増額の金額は今後の収入の状況に応じて決める必要があり、多くのお金を借りる時は収入証明書が必要になることや審査の基準が高くなります。

プロミスの限度額の増額をする目的の決め方は今後の生活に活かせるように考えることが重要で、趣味などのために考えると金銭感覚を麻痺して使い過ぎる可能性が高いため注意が必要です。限度額を増額する時は審査に時間がかかるため急にお金が必要な場合は他社の申込を考える方法が望ましく、過去の利用履歴が重視されるため滞納をせずに返済を心がける必要があります。 プロミス以外の消費者金融、モビット増額、アコム増額に関しても同様です。

借り換えならみずほ銀行カードローン

ちょっと借り過ぎて返済がきつい。。。そんなときはみずほ銀行カードローンでおまとめすることをおすすめします。業界でも最高峰の低金利はきっとあなたの味方になってくれるはずです。 私も個人的にみずほ銀行カードローンを利用していますが利便性はやはり一番ですね。

アルバイトならお金は借りられます

飲み会シーズンでお誘いが増えたり、急な弔事でお香典や交通費が必要になったり、家賃の引き落としがもうすぐなのに口座のお金が少なかったり…と、手持ちのお金が少なくて困ることは誰にでも起こりえます。飲み会なら予定を調整してなんとかやりくりする、ということもできますが、冠婚葬祭や必要経費の支払いは待ってはくれません。こんな時、キャッシングが利用できたら安心ですよね。

しかし、会社に正社員として雇用されているならともかく、不安定なアルバイトの身でもお金が借りられるのか、という問題もあります。実は多くの消費者金融会社のキャッシングの申し込み条件は正社員であるかどうかではなく、安定的な収入があるかどうかです。つまり、アルバイトでも毎月定期的に一定額以上の収入があるならば、審査の上キャッシングを利用することができるのです。

消費者金融のキャッシングは総量規制の対象となっているため、最大で年収の三分の一までのお金しか借りられません。そのため、多額の融資は申し込みができないのですが、アルバイト代の振込までの当座のお金くらいなら申し込めるのです。申し込みはスマフォでも出来るので、店頭に行く時間が無い、心理的に行きづらいという方は、ネット申し込みを利用しましょう。

知っておきたいキャッシングやカードローンの増額について

キャッシング、カードローンでは、申し込みをして審査結果が出る時に限度額も決まる事がほとんどです。その後、増額したい場合は申し込みが必要で、プロミスの審査基準は収入の安定であったり勤続年数が長いかどうかなど、そういったところが焦点になります。要約すると稼いでいて、長く働いている人の方が印象は良いということです。 増額をすると金利が低くなるといったケースが多いので、複数の金融機関を利用するよりも得な場合が多いです。例えば2つの金融機関から20万円、30万円と借りるなら、1つの金融機関から50万円借りた方が金利が低いのです。 注意点として消費者金融の場合は総量規制の問題があります。逆に銀行なら総量規制対象外なので年収の3分の1以上借りることができます。

銀行のカードローンが有利である理由

2010年の貸金業法の改正によって総量規制が導入されました。総量規制とは個人の借り過ぎや業者の貸し過ぎを防止するために貸金業者に融資額の制限を設ける規制で、この総量規制によって貸金業者は年収の三分の一以上の融資ができなくなりました。 しかし、消費者金融などの貸金業者に総量規制が導入されたのですが、銀行法の規制の対象となる銀行では総量規制が導入されていません。銀行の融資に制限はありません。しかし、その分銀行のカードローンは審査が厳しいので、銀行の方が借りやすいというわけでもありません。 ただし、銀行のカードローンの中でもオリックス銀行のカードローンは他の銀行カードローンよりも借りやすいので、総量規制が気になる人は検討してみる価値はあります。プロミス増額のポイント